前へ
次へ

腰痛時に行われる保存療法の中身

どうしても腰痛がひどくて医療機関に行くと診察をしてもらえます。検査などを受けた結果内臓などの問題ではなく腰のあたりにある骨に異常があることがわかりました。医師から手術をする治療と様子を見る保存療法の選択肢を提示されたときどちらを取るのが良いかです。痛みに関しては生活に支障が出るほどではないものの負担はそれなりに感じている状態です。痛みを完全に取りたいのであれば手術をして原因を取り除かなければいけないようです。腰痛においては保存療法が選択できるときがあり、こちらは外科的な手術を行わずに痛みを抑える治療をしてしばらく様子を見る方法です。飲み薬や塗り薬、そのほか湿布薬などを使って痛みをコントロールして痛みが気にならなければそれを続けていきます。どうしても手術ができない人であったり、原因がわからない状態の時は保存療法で経過を見てそのあとの治療方法を考えていきます。原因そのものが消えるわけではないことを知っておきましょう。

Page Top